フォト
無料ブログはココログ

« セラミックボール Part1 | トップページ | ベア作家さまへ »

2011年8月18日 (木)

セラミックボール part2

舟辺精工はセラミックボールやクローム球(SUJ-2)に対してやたらと製番、等級、検査表などと記載しているがそれが意味するものは何なの?

ここから余談になります。以前にお客様からシマノさんのデュラエース用にステンレスボールが欲しいとのお話が来ました。ステンレスボール?材質は何?SUS304では硬度が低いので考えられない。普通に考えればSUS440Cなので念の為ネットで調べてみました。やはり記載がない。お客様の為にも調べる必要があるのでシマノさんに問合せしてみました。回答は「お答えできない。」

なるほど、秘密にするのか。

(ここからはあくまで推測です。)材質はマルテンサイト系ステンレス鋼SUS440Cになるかと思います。(クローム球(SUJ-2)と同様の材質特性を持ち、メーカーも各サイズ製造、在庫をしているのがSUS440Cになります。錆びにくい材質特性がクローム球(SUJ-2)に比較し優れている点になります。)等級はサイズにもよりますがG10~G40の間になるのでは?(ラベルのハイグレードの記載を考慮し考えてみました。)但し公表していないことから特別なステンレス鋼種を使い特注で製造している可能性も・・・・・。?

当社のスタンスはSUS440Cでの在庫を考えたのですが(一部在庫しています。)お客様のご要望が等級G3を重視されていることからクローム球(SUJ-2)でのラインアップに決めました。(SUS440CではG3、G5での製作がされていない。注)製作状況により変わることがあります。)

話は戻りますがセラミックボールも見た目はただの黒い玉。クローム、ステンレス、カーボン球も同じ銀色の玉。比較して分かりにくい情報はできるだけオープンにしていきます。

« セラミックボール Part1 | トップページ | ベア作家さまへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1540583/41259755

この記事へのトラックバック一覧です: セラミックボール part2:

« セラミックボール Part1 | トップページ | ベア作家さまへ »