フォト
無料ブログはココログ

« セラミックボール販売について | トップページ | ベア作家さまへ  »

2011年11月11日 (金)

G3にまつわる話

少し古いお話です。G3を販売する経緯ですが、もう13~14年前にオリンピック選手が使用されるということでクローム球(SUJ-2)G3を販売して欲しいご依頼がきました。当社の対応はG3を1ケース(4,000個入り)お見積をし、ご注文をいただきました。ロット数量までははいらないというご要望でしたがロットでしか販売できないと回答し、販売をいたしました。当時はそれが普通の卸売会社としての対応で、当時はそれが普通の対応として記憶しています。

そこからお客様とのメールでのバトル?が始まり、現在に至っています。当時はカンパ、デュラエース 「何?それ」という感じでしたし、今いち、自転車に精密球を使用しても意味がないとの個人的認識でした。ただお客様からの熱いご要望、ご意見により当社も販売スタイルを少しずつ変化していったのが実情です。

以前も「何々さん(たぶん有名な選手)のカスタムをしているショップです。セラミックボールを購入したい。」などの要望がきました。存じ上げないことが失礼なのでもう少しロードレ―ス、選手について知識をいれれば良いのかもしれませんがお名前を知って、それを有名選手が使用していることをオープンにする必要性もないし、どちらかと言えば卸売会社としての企業様(お客様)への秘匿義務に意識が傾きます。

セラミックボール、クローム球(SUJ-2)G3に関しては卸売会社の強みを生かし仕入れをし、お客様にご購入しやすい小売りもして行きたいと考えています。お客様と「良い間合い」を保っていきます。

« セラミックボール販売について | トップページ | ベア作家さまへ  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1540583/42970428

この記事へのトラックバック一覧です: G3にまつわる話:

« セラミックボール販売について | トップページ | ベア作家さまへ  »